『キャプテン翼』と伝統工芸品「九谷焼」初のコラボレーション商品が登場!

石川県の伝統工芸品「九谷焼」の特徴は「呉須(ごす)」と呼ばれる黒色で線描き(骨描き)し、「五彩」とよばれる、赤・黄・緑・紫・紺青の5色での絵の具を厚く盛り上げて塗る彩法です。
今回、九谷焼の中でも代表的な画風に、『キャプテン翼』の名シーンを落とし込みました。
是非、世界中に愛されているキャプテン翼をきっかけに日本の伝統工芸に触れてみてください。

■吉田屋画風:豊田左右衛門。文政年間(1818〜1829)
青手古九谷の塗埋様式を再興したもので、赤を使わず、黄・緑・紫・紺青の四彩を用い、模様の他に小紋を地紋様式風にして、器物全面を絵具で塗り埋めた重厚な画風が特徴。

©高橋陽一/集英社

『キャプテン翼』九谷焼豆皿 [吉田屋画風]

¥1,650税込

数量

カートに追加しました。

『キャプテン翼』と伝統工芸品「九谷焼」初のコラボレーション商品が登場!

石川県の伝統工芸品「九谷焼」の特徴は「呉須(ごす)」と呼ばれる黒色で線描き(骨描き)し、「五彩」とよばれる、赤・黄・緑・紫・紺青の5色での絵の具を厚く盛り上げて塗る彩法です。
今回、九谷焼の中でも代表的な画風に、『キャプテン翼』の名シーンを落とし込みました。
是非、世界中に愛されているキャプテン翼をきっかけに日本の伝統工芸に触れてみてください。

■吉田屋画風:豊田左右衛門。文政年間(1818〜1829)
青手古九谷の塗埋様式を再興したもので、赤を使わず、黄・緑・紫・紺青の四彩を用い、模様の他に小紋を地紋様式風にして、器物全面を絵具で塗り埋めた重厚な画風が特徴。

©高橋陽一/集英社

商品情報

商品コード
KTMCT03
サイズ
直径約10.5cm 高さ約2cm
素材
磁器
生産地
石川県能美市
JAN
4580625241836
関連カテゴリ

『キャプテン翼』九谷焼豆皿 [吉田屋画風]

¥1,650税込

Related items
関連商品

You might also want
この商品をみた人はこんな商品もみています

推奨ブラウザをご利用ください

当サイトをご覧いただくには、下記推奨ブラウザをご利用ください。
記載のないブラウザでも閲覧可能ですが、正常に表示されない場合があります。各種ブラウザ最新バージョンにアップデートの上、閲覧していただく事を推奨します。

● Internet Explorer / 10 +
● Microsoft Edge / Latest Version
● mozilla Firefox / Latest Version
● Google Chrome / Latest Version
● Safari / Latest Version
● Opera / Latest Version
● iOS 8.0 以上 標準ブラウザ
● Android 5.0 以上 標準ブラウザ